ブラック借金まみれパチンカス管理人

ゴミ人間の私が、くだらないパチンカス借金人生の中で見つけた、至福のブラックOKなキャッシングを教えます。消費者金融の審査落ちを経験した人でも、ブラックOKです。

大手で審査に落ちました…そんな人の為に中堅消費者金融がある!
ブラックOK金融

「融資」ってどういう意味なのか?ブラックOKな融資を解説!

   

こんにちは管理人でございます。

最近記事を書いていて、疑問に思ったことがあります。

「融資」とは、そもそもどういう言葉なのか・・・?今日は融資を紐解いていきます。

Wikipediaを参照にしていますが、融資とは、「資金」を「融通」することです。

つまり、お金を必要としている人に、お金を貸すこと。そのまんまです!(笑)

この「融資」を英語で言うと、誰もが知っている「ローン(loan)」です。

そこでさらに気になったのが、「金融」という言葉です。

実際に、「お金」の「融通」の略語が「金融」となるそうですが、融資も金融も同じ意味となります。

金融を英語で言えば「ファイナンス」となり、よく聞くプロミスの親会社は「コンシューマーファイナンス」です。

コンシューマーは「消費者」という意味。

ファイナンスは「金融」という意味。

そう、消費者金融ですね!

ただ格好つけただけなんですよ、結局は。

よく考えてください。ブラックだと、審査に通りませんし、どこからもお金を借りることは出来ません。

もちろんブラックになった経緯は人それぞれ事情があるかと思われます。

しかし、融通が利かなければ、なんの意味もありません。

ブラックで借金まみれだと、当然お金を借りることができなくなる、結局は融通が利きません。

これで、消費者金融と呼べるのでしょうか?資金の融通をしてくれない、融資できない消費者金融は、金融業失格だと思います。

普通にキレイなブラックでないホワイトな人にお金を貸して、当たり前に上限金利である18%で契約するのは簡単です。

本当の「お金の、資金の融通いわゆる金融・融資」は、ブラックでも借金できる事を指すのだと私は思います。

当然ながら、仕事もせずに、返済の計画も出来ない怠け者には、どんなブラックでもお金を貸すことは出来ません。

しかし事情はどうであれ、ブラックでも借金で悩んでいる人に対して、お金の融通をする事が、金融業の最高の喜びではないでしょうか?

ブラックでも借りれたんだ!嬉しいな!と言う、お客様の喜びが商売としての基本であり、お金の融通であると私は思うのです。

熱く語ってしまいましたが、中小消費者金融という部類の消費者金融は、今でもそのようなブラックの方に対するサービスを行なっています。

もちろん金融庁に許可を貰っている会社しか営業できませんから、違法な高金利、ヤミ金融などではないのです。

しかしやはり貸し倒れが一番の厄介な所。その見極めとしての審査はあるかとは思いますが、基本的にはブラックでも融資できます。

本当にお金に困ったブラックな方でもOKな、即日融資可能な中小消費者金融はココです↓↓↓

まぢ?!ブラックでもOK?
↓ココをクリック↓
ブラックOK金融
お申し込みはこちら!

 - ブラックOK, 借金, 即日融資, 知りたいQ&A, 管理人日記