ブラック借金まみれパチンカス管理人

ギャンブル(パチスロ)依存症と闘うゴミ人間の私が、くだらないパチンカス借金人生の中で見つけた、至福のブラックOKなキャッシングを教えます。消費者金融の審査落ちを経験した人でも、ブラックOKです。

大手で審査に落ちました…そんな人の為に中堅消費者金融がある!
ブラックOK金融

パチスロ地獄・遊べるAタイプじゃなかったのか?

      2018/04/12

お早うございます。パチンカス管理人です。

本日のテーマは、地獄。

今から語るのは、地獄絵図です。

今までは、ですます調で書いてきましたが、本日はだである調で書いていきます。

『第一話』5スロリハビリをしていたはずなのに…

まさに、この世の地獄。

現在のパチンコホールは、地獄と化している。

私は、5スロリハビリを続行せねばいけなかった…

意地でも、5スロで我慢をしなくてはいけなかった。

そして1円パチンコで納得せねばいけないはずだった…

3月末から、4月の上旬。

何とか1パチ・5スロリハビリが功を奏し、およそ半月間で、数千円の負債で推移していた。

今月はまだこれくらいしか負けていない!いいや、負けても、遊べたから良かった!という、国が示すパチンコ・パチスロはお遊戯感覚で、納得できていた。

しかしなぜか、浮かれてしまった。

なぜ浮かれてしまったのであろうか?その答えは、定かではない。

つまり、パチンコ・パチスロがお遊戯ではなく、賭け事・ギャンブルへと戻ってしまったのである。

私は無意識に、「遊べるAタイプ」と銘打たれた、最近のパチスロノーマル機のシマへ顔を出してしまったのだ。

もちろん、やってはいけない20円スロット…

完全に、意識を失っていた。

意地でも5スロコーナーへ行かなければならなかった。

しかし、魔法に掛かってしまった。

財布には少し多めに7万円。

少し財布に余裕があるだけで、魔法が掛かったかのような感覚に襲われるのだ。

まさに依存症の症状がじわりじわりと私の脳を駆け巡る。

あの時、ウンコだけして競艇に行っておけば…。

なぜあの時、我慢が出来なかったのか…。

これが、パチンコ・パチスロ依存症の恐ろしい症状である。

わかっている、わかってるのだ。自分がやってはいけない、熱くなってしまうから。ということを。

依存症ではない諸君には、これだけは理解してほしい。

カジノ法案ニュースなどでたまに取り上げられている、ギャンブル依存症問題。

これは、ほぼ100パーセントと言っていい、パチンコ・パチスロ依存症である。

わずか0.数パーセント、もしかした他のギャンブルがあるかもしれない。しかしその人間も、間違いなくパチンコが大好きなのである。

つまり、この感覚は、パチンカスのみんなが経験する(した)であろうことである。

話は戻るが、遊べる・甘いAタイプと巷では言われているのか知らぬが、最近のパチンコ屋は、様々な規制に苦しめられている。

規制により、売り上げが激減。

パチンコ産業に関する、様々な会社が倒産しているそうだ。詳しくはヤフーニュースへ→パチンコ映像制作会社倒産

その中で、パチスロは5号機初期仕様である、ノーマルタイプとRTの機種がメインとなってきている。

私が行くホールでは

「遊べるAタイプ」

と、ピンク色でやわらかく書かれてあった。

おい。

こんな地獄の仕様で、どこが遊べるAタイプか。

しかし、気が付けば私は、1万円を握りしめ、遊べるAタイプへ突撃したのであった…

『第2話』遊べる、甘いAタイプで地獄の6万円負け

私はまず、GATEというNET社のノーマル機を確保。

まだそこまで回っていないが、バケ先行の合算130。

10000円札を右手からサンドに差し込む。

無意識のうちに、5000円が瞬殺。

何か、永遠と、貸出ボタンを押すようだ。

気が付けば、財布に手が伸び、更に10000円を追加。

そう。すでに10000円が、分殺で消去されてしまっていた。

ふと我に返った私は、総投資12000円目で離席。

このままだと、永遠と当たらない気がした。

そのまま夢遊病のようにホールを徘徊。

すると、ニューキングハナハナというギャンブル依存症にもってこいの台が、どうやら全台出ているようであった。

その中でおじ様が打っていたカド台が、B6・R8合算110でまさかのヤメ。

バケ連にイラついた様子だった。

バケ連後、即ヤメだった。

私はそのまま確保。

そこから地獄だった。

カード残金である8000円が無くなったところで。300ゲームくらいだった。

僅か数分で、2万円を失ってしまった…。

5スロリハビリでは、すぐレア役を引いたり楽しめるはずなのに。

なぜ20円にレートを上げると、こんなにもレア役を引けなくなるのか。

GATEでは12000円使ってスイカ2回だけだった。演出も何も無かった。壊れているのかと思った。

そしてハナハナ。無意識に3万円目に突入していたのであった…。

キリが良く5000円追加したところで、また意識が戻った。

ここまで総投資25000円

財布の中身を見直し、我に返ることが出来た。

財布には最初、7万円ほど入れていた。

数えると福沢さんが4名に減っていたが、気にならなかった。

ほぼゼロから打ち始めて、550ゲームくらいハマっていた。

本日最高ハマりを余裕でクリア。

それまでバケ連のおじ様は、100ゲーム以内に引いていたようだった。

なぜ俺が打つと嵌まるのか?

悲しくなってきた。

これ以上この台に突っ込んだら…と考えると、途轍もない恐怖に襲われた。

ここでまたカードを出し、ハナハナを離席。

※本日、昨日のデータを見た。私が550でギブした後…

ハナハナスランプグラフ

死ね。

ここからの記憶はあいまいではあるが、無意識にカンフーレディテトラに座った。

これもバケ先行で、合算も良し。まだ回ってなかったが、一回当たるまでは打ちたい、そう思わせてくれるような、まさに遊べるAタイプ。

・・・このカンフーレディテトラは、地獄遊戯である。

私は何も引けないまま、カード残金の5000円が瞬殺

本当に、瞬殺。

一瞬の出来事である。

ん?

何かおかしぞ。

何か違うな。

俺、何やってんだろう。

涙があふれそうだった。

またギャンブル依存症の再発か。しかし理解はできている。なのにやめられない。

もう、意地になっているのかもしれない。お金が続く限り、とにかく突っ込む。

全く回らないカンフーレディテトラ。

これは5000円で見切りをつけた。

褒めてくれ。

怪我する前にやめたんだから。

しかし今、データを見てみた・・・

カンフーレディテトラデータ

私が辞めた後、一撃ほぼ2000枚出ていた。

死ね。死ね。

そして、近くにあった「押忍番長A」が空いた。

そう、もうパチンコホールのほとんどが、ノーマルタイプのシマがメインになってきている。

その中で最新機種である「押忍番長A」

人気機種が空いたので、打ってみる事にした。

もちろん下調べはしている。小役全取得で機械割アップなど。

しかし私にはその気力はなく、8枚役は頑張ってみるが1枚役は諦めていた。

しかしまあ、コイン持ちの悪い事…。

これは、最近の遊べるAタイプ全部に言える事である。

まさに今日、何度も連呼している「瞬殺」

私が座った押忍番長Aも、恐らく設定1であろう。

しかし合算の数値は悪くとも、プラス領域へとグラフは示していたのだが、確率は収束する。設定1すらにも届かない、極悪な数値でも、必ず爆発契機が存在する。これが、遠隔操作なのかは確固たる証拠はない。

しかし、なぜか私が座ると、地獄へといざなわれてしまうのである

監視カメラで財布の中身が見られているようであった。

そう、私が座った押忍番長A、1200ゲームハマってしまったのであった…。

まさに、地獄。

地獄絵図。

私だけの、地獄絵図。

打ち始めたのは190ゲーム付近だったのを覚えている。

そこから10000円追加、総投資40000円になっていた。

分殺だった。

ゲーム数は、500

この時点で私の記憶は失われていた。

というか、金銭感覚を見事に失ってしまった。

今までの5スロリハビリは何だったのか。

意地でも1パチで楽しんでいた自分は、幻だったのか。

さらに10000円、総投資50000円。

ゲーム数は850を超える。

分殺

弁当箱ハズレのチャンス目?

3回引いたがめんこの対決だけで、何も起きなかった。

追加投資10000円、総額60000円

分殺

1200ゲームで、心が折れた。

財布に残り10000円となったところで、私は震えが止まらず、死という世界が見えてきたのであった。

 

 

天井すらない、先が見えない状態で、お金を突っ込む私を、鼻で笑うかのような視線を感じる。

私は後ろを振り返ることなく、何事もなかったかのように、自転車で帰路へ。

※そして今、1200からどうなったのか、気になってデータを見てみた。

番長A1200ハマり

死ね。

本当に死ね、シネ、しね!

1200から僅か54ゲーム、一撃1000枚

こんなことあるか?

パチンコ・パチスロの規制とは、一体何なのか?

天井を無くして、何の意味があるのだろうか?

我々国民の大切なお金を、北朝鮮へ寄付する為に、日本は何を考えてくれているのだろうか?

ユーザーに甘くして北朝鮮への制裁として、日本国民が勝つようにする方が、国益になるのではないか?

もう、文句しか出てこない。

そのまま家に帰り、皆様お墨付きの80¥パクリカレーヌードルを食べ、ふて寝。

瞬殺、分殺とは言ったものの、これを繰り返すことで、時刻は17時スタートで21時(帰宅した時刻)になっていた。

遊戯時間は20時まで。

全てノーマルタイプのお遊戯3時間で、6万円の負債であった。

180分のデリヘルを呼び、ハンパないレースクイーン級のギャルと遊んだレベルだ。

パチスロ依存症の末路、これが借金まみれである。

『最終話』地獄を味わった人間こそ、真のパチンカスである。

私が自らの事を

「ブラック借金まみれパチンカス管理人」

または、

「パチスロ依存症養分の神」

「クズ人間廃人パチンカス」

などと揶揄している。

これで、理由がわかったであろう。

まさにノーマルAタイプで6万円負けてこそ、地獄を味わってからこそ、真のパチンカスと呼べるのである。

私以上のパチンカス達よ、出てこいや。

今月給料日まで、あと20日。

残り10000円、頑張って1パチ5スロリハビリでお金を増やさないといけない。

金銭感覚よ…。戻ってきてくれ。もう、お金を借りたくないんだ。

最悪は、ここのブラックOK借金可能な金融で借りるべきか…。まあ、いい人たちなのでブラックの助けにはなってくれるだろう。

まぢ?!ブラックでもOK?
↓ココをクリック↓
ブラックOK金融
お申し込みはこちら!

 - あるあるネタ, ギャンブル依存症, クソ台, パチンカス, パチンカス日記, パチンコ・パチスロ