大手で審査に落ちました…そんな人の為に中堅消費者金融がある!
ブラックOK金融

【借金の心得】※保存版

【ブラックでも審査が緩い消費者金融】

大手消費者金融の「アコム」「アイフル」「プロミス」「レイク」「モビット」は、ブラックだと絶対に審査に通りません。これは絶対と言い切れます。ブラックの人は、既にこの大手消費者金融5社のうちどれか一つから借り入れがあるはずです。ですから本当にブラックでお金に困っている人が【ブラックでも審査が通る】と検索して、出てきた検索結果がこの「アコム」「アイフル」「プロミス」「レイク」「モビット」のキャッシング広告ばかりだと、本当に頭が痛くなるものです。この大手5社だと絶対にブラックは通用するはずもありません。ですから当サイトが本当に本当に、ブラックで悩んでいる人に審査を受けてみて欲しいと思う消費者金融はここなんです。当サイトの紹介こそがまさにブラックでも審査が緩い消費者金融金融なんです。

【消費者金融大手の独占】

先程も言った「アコム」「アイフル」「プロミス」「レイク」「モビット」の大手消費者金融は、潤沢な資金力で有名タレントを使い、イメージアップキャンペーンによりテレビCM・ネット広告で成功しました。しかしこの歴史はまだ浅く、約20年前(90年代前半)までは広告自体禁止されていました。しかし2000年代から法改正に伴い広告が解禁となり、当時流行っていたグラビアアイドルなどを使い、それまで消費者金融と言えば「怖い」「危ない」「ヤクザ」などの闇社会のイメージから一気に明るいイメージへと移り変わりました。それから近年は貸金業法も改正され利率も20パーセントが最大になり、より消費者に優しくなってきたと言えるでしょう。

【借金をするなら審査が甘い消費者金融で】

大手消費者金融は資金力があるので、当然ブラックでない一般の方は簡単に借金ができて便利です。まるで自分のキャッシュカード・お金のように錯覚し、気が付くと満額借入。そしてブラックになってない間にもう一社、さらにもう一社・・・と、借金が増えると非常に危険です。しかし今や借金が社会問題となっているのです。この間国会中継でもいっていました。現代の若者の所得と借り入れのバランスが崩れて、銀行系キャッシング会社が若者を蝕んでいると。そして「総量規制」(年収の1/3までに借入を制限する)という制度が導入されたのもあり、返済が追いつかず自己破産してしまう・・・などといった事例も年々増えています。これは大変なことなのです。少し話はそれてしまいましたが、私は借りろとも言いませんし、借りるなとも言いません。とにかく本当に、ブラックになってしまった人が借りれる消費者金融を教えたくてこのサイトが立ち上がったのです。大手だけじゃ、マンネリですからね。

【借金するときの心得】

・面倒くさいかもしれないが、利率をきちんと計算すること。

利率とは、ここでは年率のことを指します。年率とは、一年払い(12回払い)に分割したときに掛かる利息です。例えば年率15%なら、10万円借金したら一年で11万5千円を12で割ります。二年だと13万。利息は本当に勿体ないのです。

・年率20%を超える「違法金融(ヤミ金)」からは何があろうとも絶対に借りないこと。

借金する際は、借金先の企業HPと契約書を確認してください。金融庁の「登録貸金業者情報検索」という、ヤミ金検索データべースがあります。ここに出てきたら大丈夫ですが、出てこなければヤミ金なので借金する際は絶対に活用してください。
詳しくはコチラ→登録貸金業者情報検索

借りる前に金融の知識を身につけよう!→日本貸金業協会HP

・大手消費者金融・大手銀行に安心しきって、利率計算を厳かにしないこと。

大手は殆ど200万円以下の小口融資なら、利率は18%で統一されています。よく「低金利!4.8%~」などと見かけますよね?これはカラクリがあり、いわゆる落とし穴。罠と行っても過言ではありません。何故なら、その低金利とは500万円以上の大口契約の場合にしか適用されません。おまとめローンなどが典型的な例で、借金が減る安心感からか200万で年率13%とかで契約してしまったということは良くあります。

・借りたら返すこと。できれば借りない。まとまったお金があったら一括で返済。

利息は一日単位で発生します。しかし、仮に親兄弟からまとめてもらうとしましょう。一括で返済すれば、利息はほとんどかかりません。出来ることなら相談して、助けてもらいましょう。

・ブラックでも諦めないこと。

最後にこの記事をまとめるならば、大手消費者金融で借りていても借金からは中々開放されません。それでもどうしても借入先を探すのならば、ここで紹介している消費者金融に相談することも一つの解決策です。もし少しでも不安に感じたり怪しいと思ったらば借りなければいいのです。


公開日:
最終更新日:2016/01/15

PAGE TOP ↑