ブラック借金まみれパチンカス管理人

ギャンブル(パチスロ)依存症と闘うゴミ人間の私が、くだらないパチンカス借金人生の中で見つけた、至福のブラックOKなキャッシングを教えます。消費者金融の審査落ちを経験した人でも、ブラックOKです。

大手で審査に落ちました…そんな人の為に中堅消費者金融がある!
ブラックOK金融

借金を減らすコツは、ギャンブルを辞めること

      2016/07/26

7月もあっとう間に月末を迎えまして、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私は今の今まで、本当にゴミ人間の代表でした。地元では養分の神と罵られ、借金まみれ野郎ということで本当にカスでした。

そんな中でも頑張って仕事をし、地道に借金を返済してきたと思います。

しかし、働いても働いても借金は減るどころか、また借金が増えようとしてきました。

なぜなら、稼いだら稼いだ分だけギャンブルにお金を使ってしまうからです。これはギャンブル中毒の人なら良く分かると思います。自分では「いけない」と思っているのに、熱くなりどんどん追い銭をする。負の連鎖とはこういうことです。

そんな借金に苦しんだ私ですが、とうとう借金を減らすコツ、完済するコツを掴めた気がします。

「ギャンブルを辞める」

今まで何万回言った事でしょう。

このブログでも、過去記事読み返したら、同じようなことを書いているかもしれません。

しかしやっと心から気が付いたのです。

それはなぜか。

カスな私の競艇での遊び方

昨日、競艇場に朝一から夕方までいました。

本命当たっては負け、大穴狙っては負け、たまに本命筋のヒモ穴で当たり、その繰り返し…。

5万円持っていき、レース場に車を止めた瞬間の気持ちは

「倍にして10万円持って帰るんやっ!!!」

という意気込みです。

「高級トルコ風呂で泡姫と一緒に居たいんや!」

こんな夢を抱くパチンカス。

しかし勝負が始まりダラダラと

財布の中身…

朝10時…5万→

昼12時…4万→

昼めし食う…3万→

14時…4万→

15時…5万→

16時…3万

こんな感じです。

大きく勝負したら外れ、ちょいちょい増やしていけば当たり、また大きく賭けたら外れ・・・

競艇あるあるでしょう。

日高○子なんて、頭で買ったら3着、ヒモで買ったら1着…。

「あのクソババぁ、ふざけんなっ!ボケぇ!!!タヒねやカスッ!」

という私の同志のおっちゃんもたくさんいます。

競艇ファンの中にはこのような特別な選手はいると思います。

そこで私は徐々に熱くなり、財布が3万円になったところでいつもこうなります。

「これが最後や…涙。ああ、1レースに2万ぶっこむか?どうする、おれ。」

一撃10万円を狙って1-4流しの中穴に5000円ずつ勝負!

20倍前後なので当たれば一撃10万円・・・っ!!!

そして結果は・・・

負け。

財布の残りは1万円。

本来なら、今日はとりあえず4万負け。これで終了でいいのですが、ここからが、ゴミ、クズ、カス、養分、神、亀と言われる由縁。

最後の1万円、生活費で使わなければいけない1万円。来月の給料日まで過ごさなければいけない1万円。

私、神様はこれに手を付けます。

あたりまえです。

無一文になるまで逝きます。

これでは借金を減らすどころか、増えていきます。

私は紙です。

競艇の遊び方を考える

当たり前ですが、ギャンブルが趣味な人は、何時間でもその場に居れるのです。これがお金が減っている理由です。

パチンコでもそうですし、競艇でも競馬でもそうです。

長時間遊んでくれれば、その分確率的にお金が生まれるのです。

私たちはただのお客に過ぎないのです。まあ当たり前です。ええ、わかってます。

しかし病気は困ったもので、脳が完全にイカれてしまっているのです。

そこでこんなゴミ以下の私が昨日、とうとう気が付くことができた理由がありました。

私が長時間ジリ貧で死亡していく中、その競艇場でたまたま地元の仲が良い後輩と会いました。

その後輩は言いました。

「先輩!勝ってますか!何時から居てるんですかッ!!!」

当然私は、朝一からずっと見ていると答え、もう5万負けたわ…やっぱ勝てんわ、競艇は…。と言いました。

しかしその後輩は、バクチは好きな奴ですが、仕事も自分でやっていてお金もそこそこ持っている人。賭け方も私と全然違いました。

「先輩、僕はさっき着いて、この1レースだけ買って見て帰りますよ!泣いても笑っても1回ッス!」

ほお、なかなかかっこいいじゃないか。隣には彼女らしき可愛い女。納得や。

そんな私は競艇場に棲むコジキと同化。

そして運命のレースが始まります。

後輩も私も6通り程、同じような買い目でした。常滑のトコタンキングと言う名のG1、12レース。

結果はきっちりイン逃げの1-3-4

1220円。12.2倍です。

私は結局ジリ貧でお金がなかったので、1-3-4には500円しか賭けていませんでした。穴も買っていて、結局当たって負け…ガミでした。

後輩は…

1-3-24に2万円ずつ

1-2-34に1万円づつ

1-4-23に5千円ずつ

合計7万円も大勝負、そして24万4千円当たりです。

一撃で17万円近く勝ちました。

私は本当にバカなことをした…と考えました。

ほぼ休日のまる1日競艇で遊び、結局は有り金を全部負け…。

一方で後輩は、1レース1発勝負。結果は勝ち。後輩曰く、負けるときももちろんあるとのこと。

しかし考えさせられました。今までの私の競艇での遊び方は何だったのだろうか…。本当に無駄な遊びをしてきたものだ…。借金は大きく増えてもないが、減らせるところ、現状維持。

こんな生活では一生借金と共に過ごさなければいけない。ずっとキャッシング生活。

そう思い知らされたのでした。

借金を減らすコツ…バクチを辞める(減らす)

競艇で気が付いた、私のお金の使い方。

借金を減らす本当のコツは、ギャンブルを辞める。いや、辞められない。

辞めはしないが、考え方を変える。これが、本当に借金を減らすコツです。

1レースに大きな勝負をするだけで、脳のアドレナリンは出ます。

長時間ギャンブルをすることで脳がマヒしてイカれてしまうので、これくらいがちょうどいいのです。

7月はもうすぐ終わりますが、8月は1度だけ、大勝負に行きたいと思います。

借金サポート管理人はカスです。

まぢ?!ブラックでもOK?
↓ココをクリック↓
ブラック融資可能
お申し込みはこちら!

 - 借金